okawakarauri

空売り、ショート、信用売り・・・
いろんな呼び方があるけど、要するに信用取引の一つだね。

証券会社から株を借りて売却して、
その株を後で買い戻して返すっていうことだよ。

売った価格より安くなっていればその分が利益になるし、
高くなっていれば損益になる。

つまり、値下がりすると思う株に対して空売りをするんだ。
でも注意が必要なのは、「逆日歩」が発生するかもしれないことだね。

逆日歩っていうのは、証券会社から株を借りるとき、
証券会社にちょうど現物株取引で売られた株券があれば問題は無いけど、
なかった場合は証券金融会社というところから、
株券を借りてそれを貸してくれるんだ。

ただ、証券金融会社に借り賃を払わなければいけない。

それが投資家に請求されるのが逆日歩になるんだ。
1日ごとに発生するから、長く借りていると大きな負担になるよ。

そのほかにも、株を借りている間は、
証券会社に「信用金利」という金利を払わなくちゃいけない。

これも大きな額であれば長期になるとバカにできないから気を付けてね。

じゃあ、どの証券会社が信用取引におすすめか、ちょっと見てみよう。
まず、信用取引に大きな特徴があるのが「松井証券」。

松井証券は信用取引で1日の約定代金が100万円だとすると、
手数料は税抜1000円と特に安いわけではないんだ。

ただ、一日信用取引と言って、
1日のうちに借りた株を返した場合は、
手数料は無料になるんだ。

だからデイトレードにはすごく特になるんだよ。

それに、通常の信用取引では6か月以内に弁済しないといけないんだけど、
松井証券は無期限信用取引と言って期限が決まっていないんだ。

それに新規上場銘柄は通常信用取引では扱えないんだけど、
これも初日から取り扱うことが出来るんだ。

さらに、通常空売り出来ないような銘柄もプレミアム空売りという、
サービスで空売りできるようになっているんだ。

ただし、別途プレミアム空売り料という手数料はかかるんだよね。
ちなみに貸株料率は無期限信用取引では2%だよ。

「GMOクリック証券」も手数料は安いね。
信用取引の場合、1約定ごとの手数料は500万円以下で一律100円、
500万円以上だと無料になるんだ。

ちなみにここも無期限信用取引が利用できて、
貸株料率は無期限信用取引の場合金利がかからないんだ。

「SBI証券」も無期限信用取引が仕えて、貸株料率は2%。
1注文の約定金額が300万円以上で0%になるよ。

手数料は1日の約定代金が100万円だとすると762円なんだけど、
1日の約定代金合計が5000万円を超えた場合は翌日の手数料が無料になるし、
信用取引金利も優遇されるよ。

それと、HYPER空売りサービスっていう、
松井証券のプレミアム空売りと同じようなサービスも利用できるよ。

証券会社ごとに手数料や金利は異なるけど、
自分の投資スタイルに合わせてより有利になるサービスをよく吟味して、
どこの会社を利用するか決めて行ってね。