okawasumahoapuri

大川先生について

最近、色んな証券会社がスマホアプリに力を入れているらしいよ。

現在はまだ、スマホアプリは各社の取引ツールの、
いちデバイスっていう位置づけだけど、今後はメインツールとしての
発展も見られるかもしれないんだって。

朝の通勤時間とか、少しの時間でも活用できる場が広がっているみたい。

すごく便利だよね!
でも、各証券会社によってスマホアプリのサービス内容は、
違うみたいだからどれを使うか迷っちゃうよね?

そこで、各証券会社のスマホアプリについてそれぞれ説明するよ。

まず、楽天証券について説明するね。
楽天証券のスマホアプリは人気ナンバーワンの声が多数あるんだ。

人気の理由としては、「iPhone・Android・iPadへ完全対応している」
という点が一つあげられるよ。

使う機種が限られてないとこがいいよね。
もちろん取引も可能だよ。

スピーディな発注機能がとても好評らしいよ。

さらにもう一つの人気の理由は、「有力情報の多さ」だよ。
国内株式だけでなく、為替・金利、アジア市況、米国市況、
欧州市況など、多数の項目別に情報を知ることができるんだ。

知りたい情報がすぐに手に入るから、
投資家の多くから支持を集めているんだよね。

さらに、証券口座を持ってない人でも利用できるんだって。
すごく便利だし、使いやすいアプリだよね。

初心者にもピッタリだから人気なのも納得できるよね!

次に紹介するのは松井証券なんだけど、
松井証券のスマホアプリも人気が高いんだよね。

このアプリはティックデータに対応してて、
テクニカルを使ってより早い注文を行えたりして、
アクティブレーダー向けのサービスが充実しているんだ。

海外指標ルートも種類が多くて、
パソコンのアプリ並みに機能が勢ぞろいしているよ。

次に紹介するのはカブドットコム証券!

カブドットコム証券のアプリは楽天証券と同じく
iPhone・Android・iPadに対応、
口座を持っていない人でも使える情報ツールだよ。

特徴としては、他の人の株式との連携があるから、
個人投資家の予想や分析を見たい人にはピッタリなアプリだよ。

最後に紹介するのは岡山オンライン証券!

激しく値動きする株価を数秒ごとに更新する他、
スマホならではの操作性を大いに活用した高次元アプリなんだって。

発注よりも監視用に適したアプリだって声が高いらしいよ。

他にも、標準機能がしっかり整ったSBI証券、
個別銘柄情報や各種経済指標ルートが豊富でチャートがしっかり見やすい、
GMOクリック証券、最新デバイス好きにピッタリなマネックス証券、
コンパクトに機能が収まっているライブスター証券があるよ。

それぞれのスマホアプリについて説明したけどどうだったかな?

各種それぞれスマホアプリに力を入れているから、
それぞれのサービス内容に個性があるよね。

これだけたくさんのアプリがあると自分に合った、
スマホアプリが見つかると思うよ。

とりあえず、初心者にオススメなのは証券口座が、
必要ない楽天証券とカブドットコムかな。

まずは気軽に利用してみよう!