シンガポールにはカジノが2箇所!

賭け事、それは人の心に眠る情熱を駆り立てるもの・・・ 当たれば大富豪、ハマればどん底一家離散、そんな危険な遊びがシンガポールでは気軽に楽しめます。だって旅行で来てたら毎日は来れないからハマることもない。

で、そのシンガポールのカジノですが、2箇所にあります。若干の違いがありますので、両者比較という形でご紹介。

 

ひとつはマリーナベイサンズ

今やシンガポールのシンボル的存在となったマリーナベイサンズホテル。このホテルの地下にカジノがあります。タクシーで行きましたが、シンガポールの中心地?のオーチャードからいずれも10SGDぐらい。「マリーナベイサンズ カジノ!」って運転手さんに言えば近くの入口で降ろしてくれる。

 

入り口はこんなの。パスポートチェックを受けるのでパスポート持参で!

 

もうひとつはセントーサ島

セントーサ島はシンガポールの一番南にある島で、リゾートアイランド的な場所です。写真のようにユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USSって言うのか?)とか、シンガポール一大きなマーライオンとかがある。橋があるので陸続き。こちらはタクシーでオーチャードから入島料合わせて30SGDぐらい。こちらも「セントーサ カジノ!」って言おう。

 

入り口はこんな感じ。

 

写真撮影OK?

マリーナベイサンズのカジノはOkかどうかわからないけど、写真撮ってても怒られなかった。セントーサ島のカジノは写真撮ったら怒られた。おじさんに呼び止められて、データを消さされた(><)。なのでセントーサ島のカジノでは、いくら儲かったからと言っても写真撮影禁止。インスタ映えを狙うならマリーナベイサンズがいいかも(今後厳しくなるかもしれませんし、現在で許可されているかどうかは分からないので自己責任で)。

 

立地は?

立地的にはマリーナベイサンズがいいかもしれません。中心地からも近いし、そもそもマリーナベイサンズの周りにもホテルがたくさんあるので、そのあたりが拠点になってる人もおられると思います。

 

豪華さは?

豪華なカジノはセントーサ島!

※ 入り口のオブジェ。ここは写真撮影OK。

 

※ これはネットで拾った写真

 

それに比べてマリーナベイサンズの方はやや地味

 

マリーナベイサンズの方が新しく出来たはずなのに、なぜか暗めな印象です。

 

マリーナベイサンズはマシンも古め

 

何故かマシンが古め。セントーサ島の方がスロットもルーレットも新しい機種が入ってます。

 

ルーレットの最低掛け金は$2 or $20

眼の前でディーラーが回してくれるルーレットもあるけど、初心者はオンラインルーレット的な、ひとつのルーレットを大人数で掛けるやつがオススメ。んで、そのルーレットの最低掛け金がセントーサ島は2SGDから掛けられるが、マリーナベイサンズではなんと20SGDから!詳しく書くと1チップが1SGDなんだけど、一回の掛けに対し20枚は掛けなきゃゲームに参加できない。セントーサ島のはチップが1枚2SGDで、1枚から掛けられる。物見遊山で来た旅行者にはルーレットは厳しいルール。

※ マリーナベイサンズのルーレットマシン

 

スロットは同じぐらいの金額で掛けられる

スロットは最低10セントから掛けられます。これはどちらのカジノも同じ。20SGDもあれば1時間ぐらい遊べる。もちろんすぐなくなっちゃう人もいるけど(笑)。

 

まとめ

ってなわけで、両方のカジノに行ってきました。予算はって言うと、最初にマリーナベイサンズで20ドルぐらい使って70ドルになり、翌日その70ドルでセントーサ島に行って全部すったので、2日間$20で遊べました。合計滞在時間は4時間ほどかな?

 

本格的に遊ぶならセントーサ島

カジノで遊ぶぞーーーーって感じなら、セントーサ島がオススメです。やっぱマシンも新しいし、きらびやかだし、ルーレットも遊びやすいし、中にレストランもあります。早々に大負けしたら、ユニバーサル・スタジオに行って嫌なことを忘れちゃうことも出来る(笑)。でっかいマーライオンもいます。

 

ちょっとついでにカジノならマリーナベイサンズ

シンガポールに行ったら、どうせマリーナベイサンズの周りは行きます。買い物も出来るし、有名な方のマーライオンもいます。なのでついでにちょっと、1~2時間カジノの雰囲気を楽しみたい!って思うなら、マリーナベイサンズで十分楽しめます。

 

シンガポールカジノ比較表

マリーナベイサンズ セントーサ島
きらびやかさ
マシンの新しさ
ルーレット最低掛け金 20SGD 2SGD
立地
写真撮影

僕のプロフィール(詳しくは画像をクリック)

 

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

関連記事