じゃばらジュースについて記事を書いたからついでに、じゃばらについて知ってることを書いていきます。

じゃばらは江戸時代から和歌山県北山村の民家の庭に植えられてたそうですが、昭和46年には福田さん家の庭に一本あるだけになってたそうです。それを北山村の特産にしよう!ってことで、村と農家が販促してたんだけど、最初は花粉症に効くなんて知られてなかったので、全然売れなかったそうです。

もうやめようか、みたいな話になってたときに、何故か毎年大量に買ってくれるお客さんがいたので、なんで買ってるの?って聞いてみたら、花粉症に効果があることが判明して、そこからバカ売れ!ってのが大体の流れです。

 

北山村以外のじゃばら

さっきも書いたとおり、昭和46年には福田さん家に一本あるだけでした。そこから北山村全体で特産品にしようってことで、栽培が広がりました。そのうち、和歌山県全体の産業にしようってことで、もともとみかん農家の多い和歌山県なので、またたくまに広がったのです。

なので北山村のじゃばらがオリジナルですが、和歌山県内で生産されるじゃばらは北山村から苗をもらって育ててるじゃばらです。

 

だけど・・・ これは、北山村のじゃばらの産業に関わっている人(A氏)に直接聞いた話・・・ まあ口伝えなので真偽の程は不明です。なのでこの後はフィクション(笑)。A氏曰く、じゃばらの苗は、和歌山県以外には提供してないし、過去もしてなかったのだそうです。だけど今は三重県、愛媛県、高知県などでもじゃばらが生産されて販売されている。韓国で日本のいちごの品種が育てられて販売されているのと同じようなことが行われているじゃないかなと、だって他県にあるはずが無いのに・・・ と、想像だけで作り話をされてました(苦笑)。

というわけで、僕はなるべく北山村のじゃばらを買うようにしています。無ければ和歌山県内のじゃばらならOK。それ以外はなるべく買わないようにしています・・・

僕が飲んでるじゃばらジュース 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

関連記事