東京オリンピックがいよいよ来年ということで、たくさんの訪日外国人が訪れることが予想されます。東京だけではなく、日本各地にインバウンド観光での需要も期待できます。

ということは日本全国が外国人でごったがえす!?とまでは行かないでしょうが、かなりの外国人観光客が来てくれることは間違いないでしょう。一説によると2020年だけで4,000万人やってくるという話もあるので、観光業はじめ、いろんな業界でビジネスチャンスが広がりますね。僕の知り合いのレストランや土産物屋さんでも、2020年に向けてなんとなくそわそわしている感じです。

 

だけど言葉はどうするんだ?

2020年に向けて自治体などが中心となり、英会話教室を開くところもあるみたいで、外国人とのコミュニケーションをどう取るか?ってのは結構話題というか、問題になっています。何しろ日本人はほとんど英語が話せないわけですから。

しかもやってくるのは英語が話せる人ばかりではありません

世界各国からやってくるのですから、英語圏じゃない人もやってきます。実は英語が話せるのは20億人で、全世界の30%未満らしく、しかもネイティブとなると4億人、全世界の6%ほどになるようです。

まあ海外旅行するような人たちですから、少しは英語が話せる人は多いと思いますが、こっちも片言、あっちも片言だったら、通じるものも通じません。だからせっかく英会話教室に通っても、やってきた外国人に英語で話しかけても、通じないこともあるようです。

 

ポケトークなら世界各国の言語が翻訳できる

そもそも今から英会話教室に通って話せるほど英語は簡単ではありません。本気でやるならオリンピックまで語学留学するくらいの勢いでないといけません。大きな会社や店舗なら、英語や中国語を話せる人を配置するなどできるかもしれませんが、小さな店舗だとそれは厳しい問題です。

 

とりあえずポケトークがあれば安心できるかもしれません。

確かに言葉が話せるに越したことはないですが、話せなくてもポケトークがあれば、こちらの伝えたいことは伝わりますし、向こうの言いたいこともある程度は分かるようになります。翻訳の精度はかなり高いし、サーバーで翻訳してから戻してくれるので、これからどんどん翻訳精度が高くなります。

また74種類の言語が入ってるので、だいたいの国の人でOK。タガログ語とかタミル語とかまで入ってます(っていうかどこの国で使われているか知らない(笑))。

というわけで店舗経営者の方や観光案内する方は、ポケトークがあればかなり役に立つと思いますよ。

 

ポケトークについて詳しくはこちら

株とFX、やってまんねん

 

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

関連記事