この記事は最終的にとある探偵事務所をアフィリエイトプログラムにより紹介する流れになっています。ただし途中の話は自分が直接見聞、体験した話です。登場人物も実在します。また、その探偵事務所を紹介する理由も真面目に取材などをした結果です。アフィリエイトに対してご不快に思われる方もおられるかもしれませんが、一応、真面目に紹介しているつもりですので何卒ご了承くださいませ。

 

、会社員として働いていた頃、僕より6歳年下のS君が新卒で入社してきました。僕はそのころ「若手の中のベテラン」とか分けのわからない称号を与えられていたので、自然彼の指導員となりました。彼はエスカレーター式の某名門私立大学を卒業。正直見た目はあまりパッとせず、ぼーっとしている印象です。聞けば結構なお金持ちのおぼっちゃまで、早い話がボンボンです。生意気かつ根性少なめ、でも憎めない性格で、みんなから可愛がられていました。

彼には高校のころから付き合ってる彼女がいまして、写真を見せてもらうとかなりカワイイ。S君にはもったいないと皆に言われておりましたが、ほどなくして結婚。派手な結婚式は挙げませんでしたが、それなりに幸せそうでした。

新居は郊外の一軒家を新築で建てました。奥さんの実家もお金持ちで、実家の近くに建てることを条件に相当な援助があったようです。一度、何人かで伺ったことがありますが、駐車場には車が2台駐められ、庭で10人ぐらいでバーベキューしても余裕のある広さの庭、さらにそのスペース意外に家庭菜園が出来るほどの広さでした。絵に描いたような幸せな新婚生活でした。

 

「最近、嫁が冷たいんです」

結婚してから1年ほど経ったある日、S君から突然「最近、嫁が冷たいんです」と相談を受けました。聞けば食事もろくに作ってくれなくなり、夜の生活も2~3ヶ月前から拒否されるようになったようです。しかも「死ね」だの「消えろ」だの悪態までつく始末。「あんたが死ねば別れられるから幸せ」みたいなことも言われるようになったそうです。

「浮気してんちゃう?」と、冗談のつもりで言ってみたら、S君はハッとした顔をしました。おいおい、今まで考えなかったのかよと思いましたが、実は最近、帰る時間が異様に遅い日があるとのこと。なんか余計なこと言ったかなと思いつつ、思いつめた顔をしたS君を見守ることしか出来ませんでした。

 

実はこないだ・・・

またしばらく経ったある日、S君に話しかけられました。

「やっぱり嫁が浮気してました。昨日、探偵から連絡がありました。」

えっ!?探偵!話が急展開すぎてびっくりしたのですが、S君は先日、僕に浮気じゃないかと指摘された後、こっそり探偵に依頼していたようなんです。結果は完全な黒。見事(?)ホテルから出てきたS君の奥さんとその上司の姿がバッチリ写真に納められたようです。

奥さんは「ホテルには行ったけど、仕事してただけ!」と、マンガのような言い訳をしたそうですが、そんな言い訳が通じるはずありません。

浮気相手の上司から、S君は慰謝料として500万円を受け取りました。奥さんとは離婚、財産分与の対象は新築の家だけですが、こちらはもともと奥さんの実家に援助してもらってたというのもあって、奥さんの実家のものになり、代わりにローンは全額負担してもらうという形で決着が付きました。ちなみに浮気相手の上司は大学生の息子さんに殴られたそうですが、とりあえず離婚は回避したようです。

S君に残ったのは500万円の現金と、戸籍のバツ印ということに。500万円でBMWの1シリーズを購入して周りに自慢する姿を見て、メンタル強いなぁと思った次第です。

 

探偵からの追加料金

さて、S君の浮気騒ぎの顛末は以上の通りなんですが、実は探偵に依頼したときの裏話があります。どうやってS君がその探偵に依頼したかは不明ですが、個人で運営しているような探偵事務所でした。

 

料金は15万円

いくつかの探偵事務所で相見積もりを取って、一番安かったところにしたようです。依頼内容は職場からホテルに入るまで尾行して、ホテルに入るところ、出るところの写真を撮影すると言うものでした。

仕事は完璧でした。夜の時間帯にも関わらずかなり鮮明な写真が撮れたようです。奥さんや浮気相手にバレることも無かったようです。

S君に探偵から連絡があり、写真を見せられたあと、衝撃的なことを探偵が口走りました。

 

「写真の提供は追加で30万円かかります」

はぁ????????ふざけんなこいつ!!!さすがにボンボンのS君でも怒りました。しかし探偵は金が無いなら渡せないの一点張り。曰く写真撮影は最初の料金に含まれるが、提供は含まれてないとなんとも無茶苦茶な言い分です。

探偵のことは、浮気した嫁と同じく許せないとS君は怒ってましたが、写真をもらえないと浮気を追求できない。なんとか粘って15万円まで値引きさせたものの、渋々追加料金を支払い、写真をもらったようです(15万円以下なら今ここで写真を燃やすと言われたそうです。)。まあ結果的にはそれで証拠を掴めたからいいんでしょうけど、その探偵には腹が立つと、事あるごとにしばらく言ってました。

 

浮気調査の探偵事務所には2種類あるらしい

後に知り合いになった探偵事務所の社長(30代前半の女性、むちゃかわいいけど気は強い)が言ってたのが、

 

「小規模で浮気調査をメインでやってるとこはヤバいっすよ」

浮気調査って探偵業界では最も需要の多いところで、しかも素人相手なのでとてもやりやすいんですって。早い話が浮気調査は仕事がちょろいのだそうで。なので技術があまり無い探偵でもそこそこできちゃう。でも反面、どこでも参入できるから広告宣伝費にお金がかかり、小規模の探偵事務所だとどうしても利幅が少なくなってしまう。なので後からS君のように写真代や、調査に車を使ったのでということで車両費を後から請求されたり、ひどいところになるとほとんど調査せず「浮気の疑惑はありませんでした」とか言ってくるところもあるみたいです。「客からどれだけ金をむしり取れるか」ってのが探偵業界での常識だと言う話も聞きました。

じゃあ浮気調査はどこに頼めばいいのか?って話になりますよね。「当然ウチですよ」って話になるのかと思いきや全然違いました。

 

「浮気調査は大手に頼むのが無難っすよ」

探偵を何十人か抱えてて、全国に何店舗かあるような比較的大きな探偵事務所がいいんですって。大手だと広告宣伝費も払える予算を持ってるし、悪評が立つとダメージが大きいからあまり変なことも出来ない。それに一定以上の探偵としての技術がある。さっきも書きましたが、浮気調査レベルだとそこまでの技術はいらないので大手の探偵事務所が無難なんだそうです。当たりは少ないかもしれないけどハズレは少ない。そもそも浮気調査に当たりは必要ないということです。

ちなみにこれを教えてくれた彼女の探偵事務所は、主に大企業向けの調査をしているそうです。社員の昇進前の素行調査(不倫、ギャンブル癖の有無)や、横領などの企業内犯罪の調査などだそうです。大企業相手は単価が大きいので、浮気調査なんかやってらんないって言ってました。

 

取材した探偵会社

さて、突然ですが、4~5年前に原一探偵事務所を取材したことがあります。なんでいきなり探偵事務所を取材したことがあるのかっていうと、原一探偵事務所の紹介サイトを作って、アフィリエイトの案件にしようと思っていたんです。僕は自称、真面目系アフィリエイター(笑)なので、当時は探偵事務所全般のことや、原一探偵事務所のことはかなり真剣に調べました。説明会にも参加しました。ドメインも専用のものを取って、さあ始めるぞ!って思ってる途中で、当たり前なんですが、浮気や離婚や不倫やそういうワードばかり出てくるし、自分でもそういうワードを記事に書かなきゃなんないし、なんか気持ちが沈んできて、このままやっていけば自分も離婚に進むんじゃないのか?って思ってやめました。。。今思うととてももったいないんですが、あのままやってたらどうなったんだろう?って今も思います。(同じように体の不調の改善を対象にしたサイトを作ってたときもだんだん不健康になっていく気がします。結構、影響されやすいんです・・・)

 

でもいろいろ調べた結果、原一が大手の探偵事務所で一番だと思います

おすすめ点で一番大きなところは、目安の金額(25万円)が表記されているところです。浮気調査はS君がひっかかったような悪徳探偵じゃなければ、だいたい相場が決まってます。同じような調査をするんだから、同じような金額になります。HPに金額が表示されてなかったり、少額から出来るようなことを書いてあっても、見積もりを取ったらだいたい同じぐらいの金額になります。

 

いくつか見比べれば分かると思いますが、目安の金額が書いてある探偵事務所はとても少ないです。

原一の場合は目安の金額が書かれていること、また追加料金は請求しないことがしっかり明記されていることが、誠実さを感じます。だから個人的におすすめしています。

あのとき、S君に教えてあげたかったなぁと思います。今は彼も再婚して、幸せに暮らしているんですけどね。

 

原一探偵事務所

 

その他の大手探偵事務所

ALG探偵社

僕のプロフィール(詳しくは画像をクリック)

 

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

関連記事