株塾の費用はいったいどのくらいかかるのか?株塾生の僕が実際にかかる費用をお伝えします。掲載する価格はすべて税込み価格です。

入会金と毎月の費用

まずは通常の費用ですね。

入会金:33,000円
月会費:33,000円

もちろん入会金は最初の一回だけ、月会費は当然毎月かかります。カード払いと銀行振込がありますが、銀行振込の場合は3ヶ月毎に99,000円づつ支払うような感じです。ほとんどの人がカード決済を利用されていると思います。

どんなサービスが受けられる?

入会すると、まずメインの講座は月に二回あります。一日3時間の勉強会です。ほとんど東京都内某所で、土曜日に開催されます。

あと補講動画が月に数本、これは会員サイトで見ることが出来ますが、だいたい30分程度。さらに補講メールが月に1~2本。さらに100本ノックと呼ばれるトレード動画が月に数本アップされます。ちなみに補講動画は現在の株式市況の解説、100本ノックは過去の場面をどうトレードするかというものです。

さらに銘柄検索ツールであるSHIRO指標が使えます。これはパンパカパンとか、下半身とか、相場式のエントリーポイントを満たす銘柄を、東証銘柄から検索出来るようなツールです。

ツール代

株塾ではチャートを見て勉強するのですが、そのチャートは自分で購入するように言われます。そのチャートはパンローリングチャートギャラリーです。

チャートギャラリー(スタンダード):33,000円

これは一回買い切りなので、一度支払うとずーっと使えます。

↑こういうやつですね。毎日19:00ぐらに新しい株価が更新されますので、毎日最新のチャートを見ることが出来ます。日経のプライム、スタンダード、グロースの各市場銘柄、米ドル円などの主要為替、原油や金などの先物チャートも見ることが出来ます。

米国主要株や日経225先物のチャートも見れる、プロやエキスパートもありますが、まあスタンダードでいいですよ。値段の割にはって感じなので。

セコい人は証券会社のチャートで十分!とかいう人もたまーにいますが、買ったほうがいいです。すぐに元は取れます。お金を稼ぐためのツールなので、ここはちゃんとしたものを買ってください。

大練習会などの特別セミナー

株塾では、毎月2回の勉強会とは別に、主催のセミナーが年に2回ほど開催されます。ここ数年は「大練習会」と呼ばれる一回6時間ほどのセミナーが開催されています。

大練習会:110,000円

これは任意なので、別に参加しなくても大丈夫です。基本的には毎月の勉強会だけで十分ですが、もっと勉強したい人は大練習会に参加されます。

温泉合宿 or 海外セミナー

最近はコロナで開催されていませんが、コロナ前は年に一度ほど合宿が開催されていました。

温泉合宿:5~6万円(一泊)
海外セミナー:2万円ぐらい(旅費別)

もちろん参加は自由です。温泉合宿では、初日の昼から夕方までと、翌日の午前中に勉強会が開催されます。今まで僕が参加したのは、鬼怒川、箱根、雄琴でした。海外のセミナーは、まあほぼ遊びですね(笑)。パーティーと軽いセミナーがあります。そのパーティー参加費が2万円ぐらい。今までハワイとシンガポールで開催されています。

株塾で必ず必要な経費は?

結局株塾で必ず必要な経費は、入会金、月会費、あとはツールのチャートギャラリーだけです。入会金とツール代は一回のみの支払いなので、最初は99,000円かかりますが、後は月会費の33,000円のみ支払えばOK。まあ33,000円ぐらいは十分元が取れます。

本当に勝てるようになる?

本当に勝てるようになるかどうかは、ぶっちゃけその人次第ですよね。どのくらい勉強出来るか、どのくらいセンスがあるか。いくら有名な予備校や学習塾に通ったって、東大や京大に合格出来るかどうかはその生徒次第ってのと同じです。要は本人の努力と才能次第です。

ただ、何も勉強しないで株の世界に身を投じても、成功する確率は著しく低いですから。株式投資を行っている人の9割が失敗していると言われていますので、その確率を少しでも減らすための「自分への投資」と考えればいいんではないでしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ

よく読まれている記事