F35の各国の配備数ランキング

ロッキード・マーティン社製のステルス戦闘機F35ですが、世界14ヶ国が運用もしくは運用の予定とのことで、まあなんちゅうか、世界標準戦闘機になってきています。これでますます世界はアメリカに逆らえないなぁ・・・

 

F35運用国の配備数ランキング

F35の運用国を紹介します。機数は(ほぼ確実な)予定数なので将来この数字になるっちゅーことでよろしくです。()内はF35のタイプです。F35の各タイプの違いについて

1位 アメリカ 2443機

空軍:1,763(A)
海軍:260(C)
海兵隊:353(B)67(C)

アメリカでは合計で2443機のF35を配備予定。すごすぎる。まず太刀打ちできません。火星でも攻めるのか?

 

2位 日本 147機

航空自衛隊:105機(A)
海上自衛隊:42機(B)

表向き軍隊ではないと言ってる日本の自衛隊が2位の147機。まあいろいろ狙われているからこのくらいあったほうが安心です。とは言えアメリカとは比べ物にならない。海上自衛隊のBタイプはいずも型護衛艦に搭載予定。

 

3位 イギリス 138機

空軍海軍合計:138(B)

大型空母クイーンエリザベスがあるのになぜかBタイプを採用のイギリス。運用の柔軟性が高いからですかね。

 

4位 イタリア 90機

空軍:60(A)15(B)
海軍:15(B)

イタリアは軽空母のカヴールをF35B運用可能なように改修中。空軍でもBタイプ。大人気ですな。

 

5位 韓国 80機

空軍:60(A)20(B)

空軍で導入とのことだけど、独島型が耐熱改修しているので搭載するつもりだと思います。

 

6位 オーストラリア 72機

空軍が72機のAタイプを導入予定。当初、やや航続距離の長いCタイプが検討されました。オーストラリア広いから。だけどAタイプで十分ってことになって、Aタイプが導入されます。

 

7位 ノルウェー 52機

空軍が52機を導入予定。Aタイプだが、凍結滑走路での着陸を想定してエアブレーキのためのドラッグシュート(パラシュートみたいなの)を搭載した機体を導入。

 

8位 アラブ首長国連邦 50機

空軍にて導入、Aタイプ。50機ってなかなかの数だよね。ただしバイデンがダメーって言いそうな雰囲気があり、もしかしたら白紙撤回の可能性がある。

 

9位 イスラエル 50機

Aタイプ。将来的には200機に増やすかもーって言われている。中東は大変だね。

 

10位 ベルギー 34機

空軍にて導入、Aタイプ。

 

11位 ポーランド 32機

空軍にて導入、Aタイプ。

 

12位 デンマーク 27機

空軍でAタイプを導入予定。

 

13位 シンガポール 4機

空軍でBタイプが導入予定。国土が小さいからBタイプかな?8機をオプションで契約、近い将来には12機になるかも。

 

ちなみに・・・

採用を検討している国はカナダ、フィンランド、スペイン、ギリシャ
採用凍結はドイツ、トルコ、中華民国(台湾)

ドイツは欧州戦闘機産業の維持のため自分から、トルコはロシアへの情報提供疑惑でアメリカから、台湾はあんまり強くなると中国と戦争すんじゃね?っていうアメリカの心配から採用が凍結されました。

 

僕のプロフィール

 

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

関連記事